メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「桜」名簿管理の法違反放置、自身の責任否定 菅官房長官会見詳報

閣議後の記者会見で安倍晋三首相主催の「桜を見る会」を巡る問題に関する質問を聞く菅義偉官房長官=首相官邸で2020年1月17日午前10時21分、川田雅浩撮影

 首相主催の「桜を見る会」を巡り、17日午後の菅義偉官房長官の会見でも、関連の質問が続いた。招待者名簿の管理を巡り、公文書管理法違反を認識しながら、内閣府が約1カ月放置していた疑いが出ていることについて、菅長官は「報告を受けたのは(公表と同じ)1月10日」と自身の責任は否定。報告が遅れたことについては「私というか、官房長に報告すべきだった」とした。【政治部、統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り2396文字(全文2589文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  2. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  3. 声優の後藤淳一さんがバイク事故で死亡 「名探偵コナン」など出演

  4. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役

  5. トランプ氏「感染者が日本から帰国、聞いてない」 高官に当たり散らす 米紙報道

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです