米大統領弾劾裁判が開廷 上院、本格審理は21日から 米史上3例目

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 ウクライナ疑惑で弾劾訴追されたトランプ米大統領の上院での弾劾裁判が16日、開廷した。米大統領の弾劾裁判は史上3例目。本格的な審理は21日に始まり、「権力乱用」と「議会妨害」の二つの訴追条項について、陪審員の上院議員(定数100)が有罪か無罪かを判断する。

 この日は弾劾訴追した下院のシフ情報委員長(民主)が、弾劾訴追決議を読み上げ、上院が決議を正式に受理。その後、裁判長を務めるロバーツ最高裁長官が就任の宣誓に臨んだ。続いて、陪審員となる上院議員全員が起立し、「公正な裁きを行う」と宣誓した。

 これに対し、トランプ氏は16日、記者団に「まったく正当な理由なく、弾劾訴追された」と改めて不満を表明。「インチキなので(弾劾裁判は)すぐに終わりにすべきだ」と語り、裁判の早期終結に期待を示した。与党・共和党の指導部は、2週間以内の短期裁判を想定している。

 一方で野党・民主党は、ボルト…

この記事は有料記事です。

残り348文字(全文738文字)

あわせて読みたい

注目の特集