メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外アーモンドアイ2着 史上初8冠逃す 安田記念
阪神大震災25年

誕生日は「悲しみの日」 25歳迎えた3人、生まれた意味を求めて

阪神大震災の当日に生まれた江口愛恵美さん。奥は神戸市立医療センター西市民病院=神戸市長田区で2020年1月12日、大西達也撮影

 阪神大震災が起きた1995年1月17日に生まれた3人が17日、誕生日を迎える。多くの命が失われた日に生を受けた意味を考え、後ろめたさと葛藤しながら人生を歩んできた。親から聞いた「震災」を語り継ぐと決め、25歳の新たな一歩を踏み出す。【柴山雄太、中川祐一、反橋希美】

 江口愛恵美(あゆみ)さん=神戸市長田区=は震災が発生する直前の午前4時33分、同区の市立西市民病院(現・市立医療センター西市民病院)で産声を上げた。病院は大きな揺れで5階部分が押しつぶされ、死者も出た。隣のベッドにいた母が覆いかぶさって守ってくれた。大混乱の中、同じ病院に入院していた高齢の女性3人が自分の毛布を譲ってくれ、交代であやしてくれたと、後に母から聞いた。

 10歳になったころから「誕生日を変えたい」と思うようになった。毎年取材が殺到し、周囲から「地震の日に生まれたの?」と言われるのが嫌だった。「自分と他人の間に壁があるようだった」

 2011年、東日本大震災が発生した3月11日に生まれた赤…

この記事は有料記事です。

残り839文字(全文1274文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ペナルティのワッキーさん、中咽頭がん治療のため一時休養

  2. 匿名の刃~SNS暴力考 ブス、ばか…はるかぜちゃんが受け続けてきた悪意 選んだのは「訴訟」

  3. 「アベノマスク」どう使う? 宮城の配布率20~30%「宣言解除後に届いても…」

  4. 法務省「黒川氏の退職、捜査に支障ない」 定年で「重大な障害」だったのでは?

  5. ポストコロナの世界 「人生は富を築くだけのものなのか」 “世界一貧しい”元大統領がコロナ禍で問う価値観

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです