「次の災害」から命守れ 風化する記憶刻み、継承誓う朝 阪神大震災から25年

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
発生時刻で止まったままの時計の前で手を合わせる人たち=兵庫県西宮市で2020年1月17日午前5時46分、猪飼健史撮影
発生時刻で止まったままの時計の前で手を合わせる人たち=兵庫県西宮市で2020年1月17日午前5時46分、猪飼健史撮影

 6434人の命が奪われた阪神大震災は17日、発生から25年の朝を迎えた。各地で追悼行事が営まれ、街を一変させた午前5時46分に合わせて静かな祈りがささげられた。四半世紀を経た被災地では鎮魂の場に高齢化の波が押し寄せ、震災を知らない世代も増えた。しかし、あの日をきっかけに防災・減災の重要性は全国に浸透し、災害ボランティアの輪は広がっている。震災の記憶を継承するため、被災地は声を上げ続ける。次の災害で命を落とす人がいないように。

 神戸市中央区の東遊園地では、市民団体などが主催する「阪神淡路大震災1・17のつどい」が開かれた。竹灯籠(とうろう)を並べてつくる文字は今年、公募で「きざむ 1・17」と決まった。ペットボトルの灯籠も含めた約6000本に明かりがともされ、「25年前の思いを刻む」という願いを共にして遺族や市民が黙とうした。市によると午前7時現在の参列者は約7500人。

この記事は有料記事です。

残り310文字(全文701文字)

あわせて読みたい

注目の特集