メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

深海ザメ「ラブカ」捕獲後に死す 生態不明、標本にして研究へ 和歌山・串本 

捕獲された深海ザメ「ラブカ」=串本海中公園提供

 和歌山県串本町有田の串本海中公園の水族館に16日、深海ザメ「ラブカ」が持ち込まれた。体長約1・3メートル、体重約5キロの雄で、生きた状態で同館に持ち込まれたのは初めてだったが、17日午前に死んだ。今後、県立自然博物館(同県海南市)で標本にし、研究に役立てるという。

 ラブカは古代のサメの形状をとどめ、濃い灰色…

この記事は有料記事です。

残り234文字(全文389文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  2. ORICON NEWS 池上彰“新型コロナ”東京五輪の影響は「楽観しています」

  3. テセウスの船 第6話“衝撃ラスト”に視聴者「ビックリ!」「気持ちの整理が…」(ネタバレあり)

  4. 新型肺炎 医療用マスク、自治体・病院に優先供給 厚労省

  5. 石破茂氏、「苦い顔」がますます苦く “ポスト安倍”の最有力者、どう見ているの?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです