メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外サッカーJ1川崎が最速リーグV 2年ぶり3度目

樹氷、ホントは「凝霜」だった 1877年に説明文取り違え、誤訳のまま定着 

1878年の気象月報に「樹氷」の名前が初めて登場(上段の左下から2番目)し、「Silver Thaw」の英語表記もある=山形大で2020年1月16日午後0時54分、日高七海撮影

 樹氷の名称は、本当は樹氷ではなかった――。山形大の柳沢文孝教授(地球化学)は16日、気象用語を英語から日本語訳する際に説明文を取り違え、誤った名称が定着したと発表した。本来は「凝霜(ぎょうそう)」とすべきだったという。

 山形・宮城県境の蔵王連峰など世界でも限られた地域で見られる現象は、気象用語では樹枝に付着した雪やあられで表面が粗く銀のような白色している「Silver Thaw(シルバー・ソー)」で、日本語では凝霜となる。一方、樹枝に雪や氷が付着して表面…

この記事は有料記事です。

残り345文字(全文575文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  2. 日本新薬が逃げ切る TDKは1点差に迫るもあと1本が出ず 都市対抗

  3. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

  4. 経路不明急増、保健所パンク…「日本モデル」もう限界 「政府も危機感共有を」

  5. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです