メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

島に住むたった3人の訴え「日本が地震国、裁判所が改めて警告」 伊方原発差し止め決定

差し止め決定を受け、記者会見に臨む住民側弁護団事務局長の中村覚弁護士(中央)ら=広島市中区の広島弁護士会館で2020年1月17日午後4時21分、小山美砂撮影

 山口県の住民3人による仮処分申請の即時抗告審で、広島高裁は四国電力伊方原発3号機(愛媛県伊方町)の運転を差し止めるよう命じた。阪神大震災から25年を迎えた17日の司法判断に、住民の支援者からは「日本が地震国であると裁判所が改めて警告してくれた」との声も聞かれた。

 広島市中区の高裁前。決定を受け、住民側の関係者が赤い字で「運転差止」と書かれた幕を掲げると、集まった支援者らから「勝った!」との歓声が上がった。住民側の弁護団事務局長を務める中村覚弁護士は「阪神大震災から25年のこの日に、地震を理由とした決定を…

この記事は有料記事です。

残り384文字(全文639文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京オリンピック開催判断「期限は5月下旬」IOC委員 新型コロナ感染拡大で

  2. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  3. 強い感染力、基礎疾患で重症化…新型コロナの「非常にやっかい」な特性 政府の課題は

  4. 新型コロナの影響で旅館が経営破綻 愛知の「冨士見荘」が破産申請 キャンセル相次ぐ

  5. 新型コロナ対応「先手先手だと思いますよ。しっかりやっている」 菅官房長官会見詳報

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです