メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国人技能実習生を主人公にした映画「コンプリシティ/優しい共犯」に込めた思い 近浦啓監督インタビュー

「コンプリシティ/優しい共犯」の主演、ルー・ユーライさん(左)と藤竜也さん(C)2018 CREATPS / Mystigri Pictures

 長編初監督作品ながら、トロント国際映画祭、釜山国際映画祭、ベルリン国際映画祭などで上映され、第19回東京フィルメックスの観客賞を受賞した近浦啓監督(42)の映画「コンプリシティ/優しい共犯」(2018年)が、新宿武蔵野館(東京都新宿区)などで公開中だ。中国人俳優のルー・ユーライさん(37)演じる主人公は日本で社会問題になっている外国人技能実習生だが、「それがテーマではない」と近浦監督は言い切る。【西田佐保子】

 技能実習生として来日した中国人青年チェン・リャン(ユーライさん)は、劣悪な環境の職場から逃げ、不法滞在者となる。他人になりすましてそば屋で働くことになったチェンは、口数が少なく孤独なそば屋の主人・弘(藤竜也さん)と親子のような関係を築いていくが――。

 近浦監督は14年に、ベトナム人技能実習生がヤギを盗んで食べたというニュースを聞いて興味を持ち、外国人技能実習生の取材を始めた。「法務省が18年に発表したデータによると、外国人技能実習生の失踪者は13年からの5年間で約2万6千人。その人数は年々増加しています」。外国人技能研修生制度・技能実習生制度については、さまざまな問題が指摘されており、「日本で教育を受けながら働いてお金を稼げる」とのふれこみで…

この記事は有料記事です。

残り1363文字(全文1896文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「自粛要請知らなかった」出歩く若者も 福岡・天神コア「すごい人で驚いた」人も

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

  4. 「NY封鎖」猛反発受け撤回 トランプ氏また迷走 死者2000人突破で焦る大統領

  5. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです