メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読む写真

Photo 雪不足、募る願い 猪苗代、蔵王のスキー場

 福島県猪苗代町のスキー場「リステルスキーファンタジア」では13日、山肌があらわになり雪がわずかに残る斜面で、県外から訪れた中学生がスキーを練習していた・本社ヘリから撮影。地元出身の60代男性スタッフは「ゲレンデにあるのは全部、人工降雪機で作った雪。1月中旬でこんなに雪が少ないのは、ここ40~50年でも記憶にない」と苦笑いする。

 ホテルを併設する同スキー場はこの時期、学校の団体利用が多いが、予約していた多くが実習を積雪のある近隣スキー場に変更したり、日程を延期したりしている。宇内和(やすし)副支配人(48)は「スキー場のスタッフは大部分が季節労働者。今は仕事がほとんど無い状態で一部は休んでもらっている。死活問題です」と話す。2019年末に予定していたオープンを延期し、これまで団体利用に限っていたが、18日に暫定オープンさ…

この記事は有料記事です。

残り953文字(全文1318文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 低体温症などで42人救急搬送 1人が意識不明 熊本城マラソン、降雨影響

  2. GDP年6.3%減 19年10~12月速報値、5四半期ぶりマイナス 消費増税響く

  3. 公文書クライシス 「解釈、どうとでも」 "保存1年未満"文書破棄記録ゼロ 情報公開、ルール骨抜き

  4. 雪不足で営業できず 福井の老舗スキー場が破産

  5. 新型肺炎 「感染拡大」前提に対策 政府、専門家会議受け

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです