メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

eye

クジラ消えるアラスカ

ジャンプを繰り返すザトウクジラ。餌の乏しい繁殖期をほぼ絶食して過ごすため、アアラスカでの接触が生息の鍵を握る=米国・アラスカ州フレデリック水道で2019年8月、写真家の松本紀生さん撮影

 濃緑の森に波打ち際まで覆われた無人島の数、約1000。その土壌に含まれる豊富な栄養素が雨によって海へと流れ、プランクトンが増殖した海にはオキアミやニシンが大発生する。そこへ現れるのがザトウクジラだ。

 全長3メートルのゴムボートを操りながらの撮影は今年で25年を迎える。直進する最中にクジラとぶつかりそうになったことは二度や三度ではない。それほどまでに、この極北の大海原は巨鯨たちであふれていた。

 異変が表れたのは2年前のこと。クジラが消えてしまったのだ。沿岸付近に10頭ほどのグループはいたものの、それまで沖を支配するかのように埋め尽くしていた100頭近いクジラたちが突然ゼロになってしまったのだ。

この記事は有料記事です。

残り537文字(全文837文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  2. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  3. クルーズ船「乗船」の神戸大教授が対応批判 菅氏は「感染拡大防止を徹底」と反論

  4. 乗客らバスでターミナル駅へ 陰性の高齢者ら500人、クルーズ船下船 新型肺炎

  5. 「まさか栃木で」小6女児保護、大阪の住民ら驚き「よく頑張った」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです