メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

週刊テレビ評

番組制作会社誕生50年 「創造する人」に権利と敬意を=碓井広義

 日本でテレビ放送が始まったのは1953年だ。そして長い間、「番組を作ること」と「放送すること」の両方を放送局が行っていた。それが変わるのは70年である。番組作りのプロ集団として番組制作会社が登場してきたのだ。その第1号が「テレビマンユニオン」だった。それまでTBSに在籍していた萩元晴彦、村木良彦、今野勉など先駆的な制作者たちが、「テレビ制作者を狭い職能的テリトリーから解放する組織」、つまり「テレビマンの組織」を創るべく退社して、日本初の独立系制作会社を興したのだ。

 50年前はたった1社だった制作会社だが、現在は全国に数百社ある。業界団体の「全日本テレビ番組製作社連盟」の加盟社だけでも124社。総計1万人のクリエーターがドラマ、バラエティー、ドキュメンタリー、報道など多彩なジャンルの番組を作り続けている。しかも、それは民放に限らない。例えばNHKの人気番組「チコちゃんに叱られる!」にも共同テレビジョンやスタッフラビといった複数の制作会社が参加している。

この記事は有料記事です。

残り611文字(全文1043文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中江滋樹さん、アパート火災で死亡か 「兜町の風雲児」元投資ジャーナル会長

  2. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  3. 立憲・辻元氏に脅迫文「殺してやる」 党本部に届く 警視庁に被害届

  4. 「客足さっぱり」「暇です」感染被害の「しょうゆ発祥の町」を歩く 和歌山・湯浅、新型コロナ1週間

  5. 検事長定年延長、法解釈変更文書に日付なし 野党反発「奇妙な珍答弁」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです