メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぶんかのミカタ

4月に落慶、薬師寺東塔/上 白鳳時代の祈り1000年先へ渡す=薬師寺管主・加藤朝胤

覆い屋の撤去が進み、姿が見えるようになった薬師寺の東塔=奈良市で、大西達也撮影

 薬師寺(奈良市)は天武9(680)年に天武天皇により発願され、持統11(697)年、持統天皇(天武天皇の后)によってご本尊の薬師三尊像が開眼された勅願寺です。しかし長い歴史の間には、2度(平安時代、戦国時代)の大火災があり、東塔を残しほとんどの堂塔や宝物が焼失いたしました。そのためご本尊をまつる金堂は、450年間も仮堂のままでございました。

 幸い機縁熟し、昭和43(1968)年から故高田好胤管長の提唱によって般若心経のお写経勧進が始められ、約870万巻のご結縁(けちえん)により、金堂・西塔・中門・回廊・大講堂等の復興が成り、今日も東塔の解体修理等、白鳳伽藍(がらん)復興に向け精進いたしております。

この記事は有料記事です。

残り1384文字(全文1687文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京女子医大病院に賠償命令 薬16倍投与で死亡 医師らに1500万円 地裁判決

  2. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  3. 20代男性死亡、死者3人に 容疑者「家族殺すつもりだった」 兵庫・ボーガン事件

  4. 京都府警、アベノマスク窃盗容疑で81歳逮捕 自宅からも78枚見つかる

  5. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです