メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

暖冬影響 桐生「梨木の氷柱」育たず 赤城大沼、ワカサギ釣りの解禁遅れ /群馬

暖冬の影響で「梨木の氷柱」では17日時点でつららが育っていない=群馬県桐生市黒保根町で

 全国的な暖冬傾向の中、県内でも影響が出ている。今月の前橋市の平均気温は平年より2・5度高い6度。名所のつららも大きくならず、ワカサギ釣りなどのレジャーにも響いている。【妹尾直道】

 桐生市黒保根町の「梨木の氷柱(つらら)」。例年は道路沿いにある山腹の幅約30メートル、高さ約20メートルをカーテンのように覆う巨大なつららが形成されるが、今年は山肌が露出し、大きさも数十センチほどにとどまっていた。通常は1月上旬から成長しはじめ、2月中旬ごろに見ごろを迎える。近くの温泉旅館「梨木館」の斉藤公大…

この記事は有料記事です。

残り369文字(全文615文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. NYの看護師が死亡 防護服不足でごみ袋着用 新型コロナ

  2. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  3. 増える経路不明「ぎりぎりの状況」 東京では感染者の半数以上 新型コロナ

  4. 飼い主から猫に新型コロナ感染 ベルギー 香港では犬の感染例

  5. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです