メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東海経済

バレンタイン 男性に照準 売り場新設、催事テーマ変更 名古屋高島屋 /愛知

男性客を意識してお酒を使ったチョコレートを集めたバレンタインの催事会場=名古屋市中村区のジェイアール名古屋高島屋で

 バレンタインデーに向け、趣向を凝らしたチョコレートが店先に並ぶ季節。近年、百貨店などで行われるバレンタイン催事には男性客が目立ち始めた。昨年90万人以上が来場した国内最大規模の催事を行うジェイアール名古屋高島屋(名古屋市中村区)では、17日に開幕した催事でお酒を使った商品を集めた売り場を新設するなど、男性の購買意欲に期待をかけている。

 催事初日の17日、同店の売り場では多くの女性客に交じり、男性の姿もあった。近くに来たため立ち寄ったという30代の男性会社員は「自分では食べないが、妻にあげようと思って」。また、大学院大学職員の尾江純平さん(36)は「チョコが大好き。好きなものがあれば自分で買った方がいい。売り場に(女性向けに)ハートマークがあふれているということもなく、買いやすい」と話していた。

この記事は有料記事です。

残り469文字(全文821文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京オリンピック開催判断「期限は5月下旬」IOC委員 新型コロナ感染拡大で

  2. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  3. 強い感染力、基礎疾患で重症化…新型コロナの「非常にやっかい」な特性 政府の課題は

  4. 新型コロナ対応「先手先手だと思いますよ。しっかりやっている」 菅官房長官会見詳報

  5. 新型コロナの影響で旅館が経営破綻 愛知の「冨士見荘」が破産申請 キャンセル相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです