メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京スポ自由席 サッカー 「守備しっかり固める」 来月開幕戦、新生サンガ始動 /京都

実好礼忠監督(中央)を囲む新加入選手たち=京都市下京区で、矢倉健次撮影

 サッカーJ2の京都サンガは開幕のレノファ山口戦(2月23日、山口市・維新みらいふスタジアム)に向け8日からチーム練習を開始した。「サンガスタジアムbyKYOCERA」(亀岡市)を新たなホームとする今季は「J2優勝、J1復帰」を目標に掲げ、「昇格争いをする」だった昨季からハードルを上げ、補強を進めてきた。

 昨季、チーム総得点の6割以上となる36点を挙げた前線の3人は一美和成選手が横浜FC、仙頭啓矢選手が横浜F・マリノス、小屋松知哉選手がサガン鳥栖といずれもJ1のクラブへ移籍。まずこの穴を埋めるため、2016年にJ1で得点王となり昨季もJ2ヴァンフォーレ甲府で20点得点のピーター・ウタカ選手と、J1通算71得点の李忠成選手を横浜マから獲得した。

この記事は有料記事です。

残り871文字(全文1196文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  2. 金沢市内の男子中学生陽性 感染者の家族 症状なし、学校は休校に 新型肺炎

  3. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  4. クルーズ船下船後に女性が陽性、発熱 初のケース 栃木県発表 新型肺炎

  5. 新型コロナ「花見川区の中学校教諭り患」「安易に校名広げない配慮を」 千葉市長がツイート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです