メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

わが町にも歴史あり・知られざる大阪

/523 東高野街道/19 /大阪

2本のクスノキが合体したという。根元の石は墓石にあらず=四條畷市雁屋南町で、松井宏員撮影

 ◆四條畷市

大樹に包まれた墓石

 四條畷市立歴史民俗資料館、和田賢秀の墓と訪ねて東高野街道を進むと、四條畷神社前交差点に差し掛かる。ここを山手の東に行けば四條畷神社、西に行けば楠木正行(まさつら)の墓所だ。

 交差点の神社側に違和感が。前に来たときは一の鳥居が建っていたはずだが……。台座は残っている。鳥居はというと、一昨年の大阪北部地震で一部損壊し、危険だというので撤去されたのだ。四條畷神社に尋ねると「車が通りやすくなったという方と、子供の頃から見慣れていたのに寂しくなったという方と半々ですね」とのこと。地元有志で再建計画があるそうだ。

 四條畷神社は楠木正行をまつっており、1890(明治23)年に創建された。神社ができたので鉄道も通って四条畷駅が開業した。そればかりか、旧制中学や裁判所の出張所もこの地にできたのは前述した通り。

この記事は有料記事です。

残り1068文字(全文1434文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 雪まつりスタッフも感染 北海道5例目、「市中感染」する段階に 新型肺炎

  2. 中江滋樹さん、アパート火災で死亡か 「兜町の風雲児」元投資ジャーナル会長

  3. 橋本五輪相 聖火リレー「体調不良の方は沿道来ないで」 新型肺炎

  4. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  5. WHO「致死率を考慮すると想定内」 クルーズ船2人死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです