メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

県内57障害者施設の6万点 「まごころ製品」販売会 あすまで福岡三越 /福岡

 県内の障害者施設57カ所で作られる商品を展示販売する「福岡県 まごころ製品 大規模販売会」が、福岡市中央区天神の福岡三越9階催物会場で開かれている。19日まで。

 県は障害者施設で生産される商品や提供する飲食サービスを「まごころ製品」と名付け、障害者の賃金向上や自立、社会参加を促すため2014年から年に1度、販売会を開いている。

 会場には焼き菓子や無農薬野菜、木工製品やアクセサリーなどの商品をはじめ、コーヒーなどのイートインメニューも含めた計約6万点の商品がそろう。18、19の両日午前11時半から、博多を代表するシェフらでつくる「博多食文化の会」が、福岡産の食材を使って考案した「中華セット」「フレンチトースト」など6品をチャリティー価格で提供する。

この記事は有料記事です。

残り127文字(全文455文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 殺菌効果は半永久 ウイルスの不活性を早める銅繊維シート開発 新型コロナ

  2. 緊急事態 愛知知事が対象追加を要請 10日午後、県独自で宣言

  3. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  4. 「客激減」「3連休の緩み」くっきり データで見る“自粛”度合い

  5. 「歌舞伎町のホスト、名古屋への出張営業」 情報拡散 店が愛知県知事に釈明し謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです