メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外東京マラソン、一般参加取りやめ 新型肺炎拡大受け

伊方原発、再び差し止め 住民側弁護団事務局長の中村覚弁護士、四国電力の話

まっとうな判断 住民側弁護団事務局長の中村覚(さとる)弁護士の話

 地震と火山、両方の観点から原発の危険性を認めたまっとうな判断で、行政から独立した司法の役割を果たしてくれた。運転禁止の判断が確定するまで闘い続ける。

不服申し立てる 四国電力の話

 科学的知見も踏まえながら、地震や火山に対する安全性を丁寧…

この記事は有料記事です。

残り72文字(全文222文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 相模原市の40代病院職員が感染 死亡した女性を看護 外来診療休診

  2. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  3. 相模原殺傷 被告に死刑求刑「障害者を殺りく、残忍で冷酷無比」 横浜地裁公判

  4. 大規模イベント開催は「主催者の判断」 菅官房長官会見詳報

  5. 「みんなしゃべれます」泣き叫ぶ職員 やまゆり園での犯行詳細が明らかに 相模原殺傷

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです