メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「日米同盟は不可欠」 安保改定あす60年 両国が共同発表

 日米両政府が日米安全保障条約の改定に調印してから19日で60年となる。これに合わせ、両政府は17日、外務・防衛担当の計4閣僚の連名による共同発表を出した。日米同盟について「いまだかつてないほど強固で、幅広く、そして不可欠なものとなっている」と強調。今後も同盟を強化し、両国が共有する価値と諸原則を堅持すると明記した。

 共同発表は、日米同盟について「民主主義、人権の尊重、ルールに基づく国際秩序といった価値に対する揺るぎないコミットメントに根ざしている」と指摘。そのうえで「地域における安全保障協力などを通じて自由で開かれたインド太平洋という両国が共有するビジョンを実現している」と評価し、「日米両国の平和と安全を確保するに際して不可欠な役割を果たしてきており、今後もその役割を果たし続ける」とした。

この記事は有料記事です。

残り300文字(全文650文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 金沢市内の男子中学生陽性 感染者の家族 症状なし、学校は休校に 新型肺炎

  2. 名古屋高速の事務員が感染判明、料金所5カ所閉鎖 新型肺炎

  3. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  4. 新型コロナ「花見川区の中学校教諭り患」「安易に校名広げない配慮を」 千葉市長がツイート

  5. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです