メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

昭和史のかたち

60年安保闘争60周年=保阪正康

コラージュ・日比野英志

戦後民主主義への儀式

 過日、60年安保闘争時に学生運動の指導者だったSさんからファクスが届いた。今年はあの安保闘争から60周年を迎える、それで講演をしてくれないか、というのである。私は、1986年に「六〇年安保闘争」(2007年に「六〇年安保闘争の真実」と改題して文庫化)という書を出版している。政治的、思想的解釈とは別に、60年安保の時間的流れを客観的に俯瞰(ふかん)してみたのである。

 執筆の動機は、将来、この闘争が検証されるときのために、事実の経過を正確に書き残しておくのが大切だと思ったことである。Sさんは、その本は読み継がれるべきだ、と私の意図を正しくくんでくれていた。

この記事は有料記事です。

残り1782文字(全文2072文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  2. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  3. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

  4. 阪急宝塚線 急行にひかれ男性死亡 9万4000人影響 大阪・豊中

  5. 「桜」前夜祭でANAホテルは明細書を発行したのか 首相答弁の「矛盾点」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです