メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衣・FASHION

日本の靴産業150年 発展支えた職人の技、今も

保管されている大量の靴型=東京都大田区久が原の大塚製靴で

 東京・築地に日本初の工場が誕生し、靴産業が始まってから今年3月で150年となる。日本人の足に合う軍用靴を作る目的で始まり、紆余(うよ)曲折しながら発展してきた。節目の時を前に、ゆかりの地や生産現場を訪ねた。

 工場に足を踏み入れると、棚いっぱいに靴型が並んでいた。現存する国内最古の洋靴メーカー「大塚製靴」(東京都大田区)の東京工場。同社人事総務課長の高木修さんは「靴型は知恵と知識が蓄積されている。私たちの財産です」と語る。

 高級靴の代表で、堅固なグッドイヤーウエルト式の靴は、原料となる牛革1頭分から3足程度しか作れない。均一できれいなお尻の革を爪先に、シワがある部分はのりしろに充てるように裁断するのが腕の見せどころという。「靴は履いている人を表す鏡。日本人に合う靴を日本で作り、売ることにこだわってきた」と高木さん。

この記事は有料記事です。

残り1158文字(全文1520文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  2. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  3. ロシア反体制派ナワリヌイ氏、帰国直後に拘束 影響力増大を警戒 欧州は非難

  4. ORICON NEWS 西野未姫、弟2人を顔出し「爽やか好青年!」「春日さんに似てる!」

  5. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです