メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衣・FASHION

日本の靴産業150年 発展支えた職人の技、今も

保管されている大量の靴型=東京都大田区久が原の大塚製靴で

 東京・築地に日本初の工場が誕生し、靴産業が始まってから今年3月で150年となる。日本人の足に合う軍用靴を作る目的で始まり、紆余(うよ)曲折しながら発展してきた。節目の時を前に、ゆかりの地や生産現場を訪ねた。

 工場に足を踏み入れると、棚いっぱいに靴型が並んでいた。現存する国内最古の洋靴メーカー「大塚製靴」(東京都大田区)の東京工場。同社人事総務課長の高木修さんは「靴型は知恵と知識が蓄積されている。私たちの財産です」と語る。

 高級靴の代表で、堅固なグッドイヤーウエルト式の靴は、原料となる牛革1頭分から3足程度しか作れない。均一できれいなお尻の革を爪先に、シワがある部分はのりしろに充てるように裁断するのが腕の見せどころという。「靴は履いている人を表す鏡。日本人に合う靴を日本で作り、売ることにこだわってきた」と高木さん。

この記事は有料記事です。

残り1158文字(全文1520文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ホテル三日月」従業員に感染なし 武漢チャーター機帰国者が宿泊

  2. 「午前2時半、真っ暗の画面が一瞬小さく光り…」首里城火災の監視カメラ映像初公開

  3. 岐阜県で初の感染者1人 新型コロナ

  4. 首相、大規模イベント中止・延期を要請 3月中旬まで2週間

  5. 「支援物資の恩返し」武漢を代表し渋谷でマスク配る かぶり物の中国人女性話題に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです