メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南光の「偏愛」コレクション

西の名菓「満月ポン」一筋 松岡製菓の巻

松岡製菓の松岡清徳社長(中央)と落語家の桂南光さん(左)。右は2代目の松岡力王丸会長

 サクッと軽やかな口当たり、ふわっと広がるしょうゆ味。関西人にはおなじみのまあるいせんべい「満月ポン」は、小麦粉に圧力をかけて焼いた「ポンせん」のロングラン商品です。製造する松岡製菓(大阪市)は、ポンせんを初めて量産化したという老舗。「満月ポン」が大好物という桂南光さんが、ポンせん一筋に徹する小さな工場を訪ね、3代目社長の松岡清徳さん(56)に話を聞きました。【山田夢留、写真・梅田麻衣子】

この記事は有料記事です。

残り2333文字(全文2529文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  2. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  3. 水説 怒れる検事長OB=古賀攻

  4. 「まさか栃木で」小6女児保護、大阪の住民ら驚き「よく頑張った」

  5. 雪不足で島根県のスキー場が破産へ 今季一度も営業できず 社長無念「今さら降られても」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです