メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

34年のウガンダ「独裁」政権に挑む人気ミュージシャンへの政治弾圧

 東アフリカのウガンダで30年以上続く長期政権に挑む異色の政治家が、国内外で注目を集めている。人気ミュージシャンから国会議員に転身したボビ・ワイン氏(37)だ。若者を中心に支持を広げ、現職のムセベニ大統領(75)を脅かす存在になりつつある。【カンパラで小泉大士】

 「2021年の大統領選に立候補する。独裁体制を終わらせるのは、自分たちの世代の課題だ」。トレードマークの赤いベレー帽をかぶったワイン氏は、首都カンパラ市内の事務所で毎日新聞の取材にこう語った。

 カンパラのスラム街で生まれ育ったワイン氏のニックネームは「ゲットーの大統領」。アフロビートやレゲエなどを融合させた彼の音楽は若者の心をつかみ、ウガンダのみならず、周辺国でも絶大な人気を誇る。

この記事は有料記事です。

残り1439文字(全文1763文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 稲垣吾郎の主演舞台『No.9-不滅の旋律-』大みそかにABEMAで生配信決定

  2. 「コロナのばかたれーっ!!」広島県観光連盟がポスター 帰省自粛の思い代弁

  3. 東京福祉大総長が復職 過去に強制わいせつ罪で実刑判決 文科省への説明、ほごに

  4. レオパレス改修計画、4年延期 「2024年中に完了」 入居者らからの批判必至

  5. 菅首相の大ブーメラン「偽証罪に問われる証人喚問を」民主政権を鋭く追及

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです