メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南光の「偏愛」コレクション

「満月ポン」誕生の裏に、あの人類初の偉業あり!ーー松岡製菓3代目社長・松岡清徳さんとのトーク拡大版

松岡製菓の松岡清徳社長(右)と桂南光さん。後ろにあるのは、焼き上がった「満月ポン」にしょうゆなどをブレンドした調味料を噴霧する機械=大阪市住之江区で2019年12月25日、梅田麻衣子撮影

 「満月ポン」は、軽い口当たりと飽きの来ないしょうゆ味で愛されてきた、関西人のおやつの定番。もとは駄菓子屋の店先で1枚ずつ焼いて売られていた「ポンせん」を、約60年前に量産化した大阪市の松岡製菓が、一筋に作り続けてきたロングラン商品です。小麦粉と塩水を混ぜた生地に圧力を加えて焼き、しょうゆなどをブレンドしたタレをつけるという製造工程は、シンプルゆえに安心安全。ネット販売の浸透もあって、じわり全国や海外にもファンを増やしています。朝食、おやつ、お酒のアテにと気付けば「満月ポン」を食べているという桂南光さんが、大阪市住之江区にある松岡製菓の工場に3代目社長の松岡清徳さん(56)を訪ね、おいしさの秘密からユニークな商品名の由来まで根掘り葉掘り聞いてきました。【山田夢留】

この記事は有料記事です。

残り4158文字(全文4494文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船内待機 米、感染急増で"評価見直し" チャーター機16日到着 新型肺炎

  2. 低体温症などで42人救急搬送 1人が意識不明 熊本城マラソン、降雨影響

  3. 名古屋市、感染確認夫婦利用の電車など公表 「夫から感染」の可能性

  4. 志賀直哉の旧居、3月末閉館へ 文学記念室も 入館者減少で 尾道 /広島

  5. 飼い主を待つ柴犬、買い物客に人気 写真撮影にもおとなしく

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです