メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「ニセモン」? これってアリ? 中国版ポケモンGOを現地でプレーしてみた

ポケモンGOとよく似ている中国テンセント社製のゲームアプリ「一起来捉妖」。タイトルは「一緒に妖怪を捕まえよう」という意味

 「ポケモンGO」「ドラゴンクエストウォーク」(ドラクエウォーク)に「イングレス」……。AR(拡張現実)を利用した多くの位置情報ゲームは世界的に人気を集めており、記者も夢中だ。そんなときに命じられた中国出張。中国は政府によるインターネット規制のためにプレーできない位置情報ゲームも多い。ならば「郷に入っては郷に従え」と、中国版「ポケモンGO」との触れ込みで話題となったゲームを体験してみた。実際にプレーしてみると、ポケモンととてもよく似ている――というか「パクっている」ような……。これってアリなの?【大村健一/統合デジタル取材センター】

  ◇日本ではプレーできない「中国版ポケモンGO」

 ポケモンGOではプレーヤーの習熟度を示す「トレーナーレベル」が上限の40に達し、最近は昨年9月にリリースされた「ドラクエウォーク」に夢中の記者。いずれも、スマートフォンを持って歩き回ることで健康維持にもつながるという趣向のゲームだ。

 しかし、2019年11月下旬に1週間の中国出張が決まり、頭を抱えた。中国ではグーグルマップなど地図のサービスが規制されており、それらを利用している位置情報ゲームはできないと聞いていたからだ。

 それならば「あのゲーム」を体験してみよう。中国IT大手「テンセント」が制作した「一起来捉妖(イー・チー・ライ・ジュオ・ヤオ)」。「一緒に妖怪を捕まえよう」という意味だという。昨年4月、中国版「ポケモンGO」という触れ込みで、日本でも少しだけ話題になった。日本のアプリストアでは販売されておらず、どうやら中国のみでプレーできるようだ。

 11月20日、中国の南東部、江蘇省・南京の空港に到着後、すぐに「一起来捉妖」を自分の「iPhone X」にダウンロードしようと思っていた。しかし、アプリストアで探しても見当たらない。どうして?

この記事は有料記事です。

残り2264文字(全文3035文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相、大規模イベント中止・延期を要請 3月中旬まで2週間

  2. オリックス生命 新宿拠点の700人超を在宅勤務に 協力会社員が新型コロナ感染で

  3. 「支援物資の恩返し」武漢を代表し渋谷でマスク配る かぶり物の中国人女性話題に

  4. 函館市の高齢者死亡 国内の死者6人目、北海道で初 新型コロナ感染で

  5. コンビニに日本刀の男 妻を複数回刺し死なす 自営業の51歳緊急逮捕 岡山・赤磐

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです