メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

本能寺の変4日後 明智光秀直筆の文書、初公開 19日、1日限定 滋賀・多賀

戦国武将、明智光秀が「本能寺の変」の4日後、多賀大社宛てに書いた自筆文書「禁制」=滋賀県多賀町教委提供

 戦国武将、明智光秀が織田信長を討った「本能寺の変」(1582年)の4日後、滋賀県第一の大社、多賀大社(同県多賀町)宛てに記した自筆の「禁制(きんぜい)」が19日、同町中央公民館で初公開される。光秀を主人公に同日放送が始まるNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」のパブリックビューイング(PV)が同館であるのに合わせ、1日限定で展示。大社の安全を約束する内容の文書で、研究者は「当時の社会の緊張感が伝わる」と評価する。

 大社は信長が居城とした安土城(同県近江八幡市)の北東約16キロに位置し、長命長寿の神様として古くから信仰を集める。初公開の文書は、大社に伝わる鎌倉時代~江戸中期の書簡など計136通を、散逸を防ぐために表装した巻物「多賀大社文書」のうちの1通。「境内で陣を張ったり、狼藉(ろうぜき)をはたらいたり、金銭や兵糧を要求したりしない」などと記す。

 天正10(1582)年6月6日の日付と光秀本人の花押があり、同2日とされる本能寺の変の4日後のものと分かる。同町…

この記事は有料記事です。

残り261文字(全文698文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相、大規模イベント中止・延期を要請 3月中旬まで2週間

  2. オリックス生命 新宿拠点の700人超を在宅勤務に 協力会社員が新型コロナ感染で

  3. 函館市の高齢者死亡 国内の死者6人目、北海道で初 新型コロナ感染で

  4. 東京オリンピック開催判断「期限は5月下旬」IOC委員 新型コロナ感染拡大で

  5. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです