メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「悲しみ深くなるばかり」 京アニ放火殺人半年で法要 海外ファンも悼む

放火殺人事件の発生から半年となった「京都アニメーション」第1スタジオ=京都市伏見区で2020年1月18日午前8時42分、川平愛撮影

 京都市伏見区の「京都アニメーション」第1スタジオが放火され、役員と社員計36人が死亡、33人が重軽傷を負った放火殺人事件から半年を迎えた18日午前、現場付近で犠牲者を悼む法要が営まれた。

 法要は現場近くの路上であった。事件後、月命日などに自主的に法要を続ける興禅寺(同区)の藤沢めぐみ住職(52)が、第1スタジオのあった方に向かって読経し、犠牲者の冥福を祈った。…

この記事は有料記事です。

残り275文字(全文457文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  2. ORICON NEWS 池上彰“新型コロナ”東京五輪の影響は「楽観しています」

  3. 新型肺炎 医療用マスク、自治体・病院に優先供給 厚労省

  4. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  5. テセウスの船 第6話“衝撃ラスト”に視聴者「ビックリ!」「気持ちの整理が…」(ネタバレあり)

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです