京アニ義援金、配分額決定へ 2月にも委員会諮問、府「早く届けたい」 放火殺人半年

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
放火殺人事件の発生から半年となった「京都アニメーション」第1スタジオ。現在、解体工事が進められている=京都市伏見区で2020年1月18日午後3時12分、川平愛撮影
放火殺人事件の発生から半年となった「京都アニメーション」第1スタジオ。現在、解体工事が進められている=京都市伏見区で2020年1月18日午後3時12分、川平愛撮影

 京都アニメーションに寄せられた33億4138万円の義援金は全て死亡した36人の遺族と33人の負傷者に配分される。義援金を預かった京都府は、養育費がかかる家族がいるかや、後遺症の有無なども考慮して配分する方針で、対象となる遺族や負傷者の調査票の回収をほぼ終えた。

 今後、個々の配分額の原案を作り、府や京…

この記事は有料記事です。

残り114文字(全文265文字)

あわせて読みたい

ニュース特集