メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

冬の日差しの中、スイセン花開く 埼玉・幸手 /東京

咲き始めたスイセンの花=幸手市内国府間の埼玉県営「権現堂公園」の清保堂前で2020年1月15日、古賀三男撮影

 埼玉県幸手市内国府間(うちごうま)の県営権現堂公園の桜堤で、冬の日差しの中でスイセンが咲き始めた。恒例の「幸手水仙まつり」が始まっているが、今年は咲き始めが遅く、見ごろは1月下旬から2月上旬になる見通し。

 同公園のスイセンはNPO法人幸手権現堂桜堤保存会(並木克己理事長)が2005年から植栽を始め…

この記事は有料記事です。

残り149文字(全文299文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船「乗船」の神戸大教授が対応批判 菅氏は「感染拡大防止を徹底」と反論

  2. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  3. 乗客らバスでターミナル駅へ 陰性の高齢者ら500人、クルーズ船下船 新型肺炎

  4. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  5. 公営ギャンブル「1000万円以上の的中」徴税強化へ レース実施者、ネット購入情報提供へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです