メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

おさかな元年・海なし県の挑戦

/12 トラフグ 山梨・笛吹 年内の初出荷目指す /長野

今年中のトラフグ出荷を目指す勇華商事社長の楊勇さん=山梨県笛吹市で

養殖場に8000匹 水質管理徹底

 山梨県笛吹市春日居町寺本の水産養殖会社「勇華商事」の養殖場。二つのいけすに、体長約10センチのトラフグが7000~8000匹泳ぐ。順調にいけば体長約40センチ、重さ800~900グラムに成長し、年内にも山梨産トラフグの初出荷が見込まれている。

 トラフグを養殖し地元の名物にしようと、同社や食品卸会社「甲信食糧」(同県中央市)、旅館組合などが「甲州トラフグ組合」を設立したのは2016年12月。県の助成金を受けて、17年7月から勇華商事社長の楊勇(よういさむ)さん(39)が養殖に取り組んできた。

 楊さんは中国・天津出身。00年に来日し、山梨学院大(甲府市)で経営学を学んだ。06年に貿易会社を設立したが、魚に関わる仕事をしたいという思いがあり、約10年前に水産養殖業に業態を転換した。「海に面した天津は魚が豊富で、元々私は魚を食べるのが好き」と楊さん。

この記事は有料記事です。

残り709文字(全文1102文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛子さま、19歳に 今春に大学進学 オンライン授業、課題などで忙しく

  2. 深刻、コロナ後遺症 倦怠感、呼吸困難…「仕事できない」 進まぬ周知 医師、診断できず

  3. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  4. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  5. ORICON NEWS 今年の“新語”大賞は「ぴえん」 新型コロナ関連のワードも続々トップ10入り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです