メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夢中!熱中!いきいきライフ

楽しく資源を再活用 つながれっと3R=名古屋 /愛知

再利用を心がけ思い思いの作品づくりを楽しむ「つながれっと3R」のメンバー=名古屋市中区のイーブルなごやで

 光沢のある毛糸で編まれたグレーやピンクのベスト。糸が何十年も押し入れに置いてあったとは思えない華やかさだ。名古屋市中区のイーブルなごやを拠点に、主に60~70代の女性を中心に活動するグループ「つながれっと3R(さんあーる)」は、こうした残った糸のほか、古着などを再利用して思い思いの作品によみがえらせている。

 メンバーは12人。グループ名にある「3R」は、リデュース(ごみの発生抑制)▽リユース(再利用)▽リサイクル(再生利用)――の3英単語の頭文字のRをさす。なるべく切り取らず、簡単に、楽しく手作りするのがモットーだ。

この記事は有料記事です。

残り454文字(全文716文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中江滋樹さん、アパート火災で死亡か 「兜町の風雲児」元投資ジャーナル会長

  2. 立憲・辻元氏に脅迫文「殺してやる」 党本部に届く 警視庁に被害届

  3. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  4. ロンドン市長選候補「東京五輪代替開催の用意」 新型肺炎で中止を想定

  5. ダブルベッド 武田航平×山本ソニアの「同棲生活」6日目 本音トークを経て、最後の夜は…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです