メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

土芳しのび291回忌 俳句愛好家ら30人参列 伊賀・西蓮寺 /三重

 松尾芭蕉の門人で、蓑虫(みのむし)庵(伊賀市上野西日南町)庵主だった服部土芳(どほう)(1657~1730年)をしのぶ土芳忌が命日の18日、同市長田の西蓮寺であった。

 芭蕉翁顕彰会が毎年主催している。今年は291回忌として営まれた。山本純裕住職が読経し、参列した俳句愛好家ら約30人が墓前で膝を折っ…

この記事は有料記事です。

残り219文字(全文369文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  2. ORICON NEWS 池上彰“新型コロナ”東京五輪の影響は「楽観しています」

  3. 新型肺炎 医療用マスク、自治体・病院に優先供給 厚労省

  4. テセウスの船 第6話“衝撃ラスト”に視聴者「ビックリ!」「気持ちの整理が…」(ネタバレあり)

  5. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです