メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

趣味彩々

サークル紹介 絵画サークル「楽しいお絵書」 自分流に描けばOK /三重

 名張市の百合が丘市民センター(百合が丘西5)で、絵画サークル「楽しいお絵書」が活動している。季節に応じた題材をはがきや色紙などに描いており、取材の日は2月の節分に向けて、お多福などの絵を描いていた。

 サークルは約5年前に活動を開始し、現在は同市民センターに月1回集まっている。現在のメンバーは60~80代の女性約10人。毎年11月の同市民センターのイベントで作品を展示しているという。

 指導は松葉早苗さんと池本美都代さんの2人が担当。2人は墨彩画教室の仲間で「みんなで集まって絵を描くサークルを作ろう」と声をかけ、最初は名張市内の松葉さんの自宅で活動していたという。松葉さんは「絵手紙を書いたり、気軽に楽しめる絵を描いています。難しく考えるのではなく、自分流に描いてもらえれば」と話す。

この記事は有料記事です。

残り257文字(全文601文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  2. 新型コロナ 札幌・大阪市、GoTo停止 2知事、国に要請へ

  3. 「桜」前夜祭 安倍前首相側、補塡か 会費上回る明細書 秘書ら任意聴取 東京地検

  4. 東京・渋谷女性傷害致死 事件前日「金あげるからどいて」 容疑者、断られ立腹 殴打の袋に石

  5. 朝鮮戦争、米艇に乗船 機雷除去中の日本人死亡 外交史料館に文書

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです