メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京都・読書之森

京都の中華 /京都

 <活字を楽しむ>

(姜尚美著 幻冬舎文庫、800円(税抜き))

 2019年5月に京都支局へ赴任する際、前任地の取材先でお世話になった方(京都の大学出身)から「京都の中華はあっさりしていておいしいのでぜひ行ってください」と勧められた。その店を掲載していたのが本書。おいしい中華料理店を知れそうだと軽い気持ちで手に取った。

 しかし、読んでみると実際はなかなか濃密な内容。「街の歴史や風習に合わせて地殻変動してきた『京都でしか成り立たない味』」を探るために、京都出身のフリーライター、姜尚美さんが足を運び、紹介しているのは実に34店。エッセーというよりは、どちらかというとルポルタージュに近い。

この記事は有料記事です。

残り639文字(全文933文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「守ってあげれなくてごめんなさい」 急死の木村花さんの母がツイート

  2. 劇場やスポーツ観戦、5月末にも再開 東京都、休業要請緩和前倒し検討

  3. 27%ショック「底打った」「危険水域」与党動揺 石破氏「かなり厳しい」

  4. 自首の36歳、殺人容疑で逮捕 埼玉・富士見のマンション2遺体

  5. 埼玉・富士見のマンションに2遺体 「両親殺した」36歳長男を聴取

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです