メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なるほドリ

県のラグビー競技人口は少ないの? /和歌山

県内は全国40位の553人 小中学生時にラグビーに触れる機会増を

 なるほドリ 2019年はラグビー・ワールドカップ(W杯)が開かれ、日本代表の活躍で盛り上がったね。7日まで開かれていた第99回全国高校ラグビーフットボール大会も、入場者が増えたと聞いたよ。

 記者 前回より約1万5000人増えました。県代表の近大和歌山は初戦で朝明(三重)に敗れましたが、ノーサイドの笛が鳴るまであきらめないプレーで、応援席から温かい拍手が送られました。

 Q 和歌山の高校も頑張ってほしいね。でも現状、一つの学校だけでは大会に出場するにも人数が足りないチームも多いようだね。

この記事は有料記事です。

残り813文字(全文1090文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  2. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  3. 「参加費返して」「やっと当たったのに…」 東京マラソン 一般参加者とりやめ、返金せず

  4. 水説 怒れる検事長OB=古賀攻

  5. 「まさか栃木で」小6女児保護、大阪の住民ら驚き「よく頑張った」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです