伊方原発抗告審決定、好影響を期待 上関原発計画反対住民ら /山口

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 四国電力伊方原発3号機(愛媛県伊方町)の運転差し止めを命じた17日の広島高裁(森一岳裁判長)の決定を受け、県内では、山口地裁岩国支部で係争中の同原発運転差し止め請求訴訟(本訴)の原告や中国電力(広島市)の上関原発建設計画に反対する住民から「画期的な判断。この流れを本訴、上関へ」の声が上がっている。

 仮処分申請の3人の申立人でただ一人、17日に広島高裁前に駆け付けた周防大島町の男性(76)は「ここの高裁にまともな裁判官がおるんかと思ったが、本当におった」と驚いた。広島高裁では15日、上関原発予定地の公有水面埋め立て免許取り消し訴訟控訴審で、対岸・祝…

この記事は有料記事です。

残り417文字(全文694文字)

あわせて読みたい

ニュース特集