メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

至高の「四万十グルメ」を 一流ホテルシェフ・福井さん、地元食材で新メニュー考案 /高知

参加者に料理の説明をする福井孝宏シェフ(右)=四万十市中村一条通の「炙り和たかみ」で、上野力撮影

試食会で好評、今後も提供

 一流のシェフが地元食材を用いて考案した新メニューの試食会が16日、四万十市内の飲食店であった。中村商工会議所(同市)の「四万十グルメ開発事業」の一環。試食会ではシェフが腕を振るった料理が次々と提供され、参加した人々は「おいしい!」と笑顔を浮かべていた。【上野力】

 「四万十グルメ開発事業」は今年で4回目。地元食材を題材に一流シェフの監修で集客力のあるメニューを開発し、四万十市内の飲食店で提供することで地域活性化を目指している。5年間に計5店でメニュー開発を行う計画で、ホテルオークラエ…

この記事は有料記事です。

残り386文字(全文642文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 金沢市内の男子中学生陽性 感染者の家族 症状なし、学校は休校に 新型肺炎

  2. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  3. 名古屋高速の事務員が感染判明、料金所5カ所閉鎖 新型肺炎

  4. 新型コロナ「花見川区の中学校教諭り患」「安易に校名広げない配慮を」 千葉市長がツイート

  5. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです