メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

みんなの広場

目が見えない祖父を尊敬=大学生・永広桐人・18

 (福岡県久留米市)

 近年、障害者の法定雇用率が引き上げられている。でも障害者だからと雇用面などで差別を受ける人はいると思う。障害は目が見えない、耳が聞こえない、精神障害などさまざまだ。障害を持つ人にも必ず長所があり、ある分野では人に負けないほど優れているのに、働くことが難しいと思われているのではないか。

 私の祖父は両目が見えない。しかし、自営業の精肉店の店長をしている。肉を切ったりすることはほとんど祖父がやる。触るだけで肉の種類が分かり、長年の感覚で仕事や私生活をこなしている。そして優れたトークスキル(会話術)が長所だと思う。お客さん一人一人と冗談を交えつつ話をしている。

この記事は有料記事です。

残り131文字(全文421文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 緊急事態宣言は「抜かない宝刀」? 安倍政権が恐れるシナリオ 新型コロナ

  2. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  3. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  4. 「みさき公園」ついに閉園 多くの人に愛され63年 大阪

  5. アイリスオーヤマ、国内でマスク生産 月6000万枚供給へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです