メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京・巣鴨で「秀哉忌」 文裕、気持ち新た

本因坊秀哉の墓所に参拝する本因坊文裕=東京都豊島区の本妙寺で2020年1月18日、丸山進撮影

 明治から昭和にかけての囲碁界で活躍した二十一世本因坊秀哉(しゅうさい)をしのぶ「秀哉忌」が命日の18日、東京・巣鴨の本妙寺で営まれた。昨年、8連覇を達成した本因坊文裕(もんゆう)(30)=井山裕太九段=が祭主を務め、秀哉の流れをくむ大淵盛人(もりと)九段一門ら関係者が参列した。

 秀哉は世襲制最後の本因坊。名跡を日本棋…

この記事は有料記事です。

残り117文字(全文277文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国で2529人感染確認 東京・愛知で最多 死者新たに31人、計2109人

  2. 転向の高橋「上出来」 充実の初ダンスでRD2位 フィギュアNHK杯

  3. 吉本新喜劇の元座長、船場太郎さん死去 81歳 大阪市議会議長も務め

  4. 桜を見る会前夜祭 2019年分も収支報告なし 安倍氏の政治団体

  5. 視聴室 まさかまさかの2020 大家族石田さんチ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです