メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

松尾貴史のちょっと違和感

幸福度1位 フィンランドに見るゆとりと透明性

=松尾貴史さん作

 ラジオ番組「トーキングウィズ 松尾堂」(NHK―FM、日曜午後0時15分~1時55分)の2月2日放送予定分の取材で、東京都港区のフィンランド大使館を訪問した。広報担当で「フィンランド人はなぜ午後4時に仕事が終わるのか」の著者でもある堀内都喜子さんの案内で、私とともに司会を務めるタレントの加藤紀子さん、ゲストの小林聡美さんと一緒に、大使館内部に設置されているフィンランド式のサウナを体験させていただいたり、名物のお菓子とコーヒーでもてなしていただいたりと、快適な時間を過ごすことができた。

 フィンランドは面積が日本より少し小さく、人口は550万人ほどで、大国ではないけれども、幸福度ランキングで2年連続して世界1位に輝いている。出産間近の家庭には、赤ちゃんの着るものや寝具、必需品などが国から支給されるサービスもあり、社会全体が子宝を歓迎している様子が見える。

この記事は有料記事です。

残り1163文字(全文1544文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  2. ソフトバンク本拠地が「ペイペイドーム」に看板掛け替え

  3. どうやって予防するの?妊娠している人への影響は?…新型肺炎、その心構え

  4. 奥行き80cmの乾燥機ドラム内に入る…壊した容疑で男3人逮捕 滋賀・コインランドリー

  5. 「参加費返して」「やっと当たったのに…」 東京マラソン 一般参加者とりやめ、返金せず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです