日米安保60年で記念式典 安倍首相「世界の平和を守る柱」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 政府は、日米安全保障条約改定の調印から60年となる19日、東京都内の飯倉公館で記念式典を開いた。安倍晋三首相はあいさつで「日米安保条約は、いつの時代にも増して不滅の柱。アジアとインド・太平洋、世界の平和を守り、繁栄を保証する不動の柱だ」と強調。「宇宙、サイバースペースの安全、平和を守る柱として同盟を充実させる責任がある」と述べ、日米同盟をさらに深化させる考えを示した。

 式典には、麻生太郎副総理兼財務相、茂木敏充外相、河野太郎防衛相も出席。米国側はヤング駐日臨時代理大使、シュナイダー在日米軍司令官らが出席し、日米の関係者約250人が60周年を祝った。条約改定の調印には、首相の祖父である当時の岸信介首相とアイゼンハワー大統領が臨んでおり、この日の式典にはアイゼンハワー氏の孫のメアリーさん、ひ孫のメリルさんも駆けつけた。

この記事は有料記事です。

残り402文字(全文765文字)

あわせて読みたい

注目の特集