メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

武装組織割拠、戦闘激化のリビアの停戦模索 独で和平協議 米露トルコ出席

民兵組織「リビア国民軍」のハフタル将軍(左)=AP

 国家が分裂状態にある北アフリカ・リビアの内戦をめぐる和平協議が19日、ベルリンで開かれた。リビア暫定政権のシラージュ暫定首相や政権と敵対する民兵組織「リビア国民軍」(LNA)を率いるハフタル将軍のほか、関係国の首脳も出席。停戦合意文書に署名できるかが焦点となる。

 協議はドイツのメルケル首相が呼びかけた。LNAを軍事支援するロシアのプーチン大統領や、暫定政権を支持するトルコのエルドアン大統領のほか、ジョンソン英首相やポンペオ米国務長官らも出席した。

 リビア内戦で中立の立場を取るドイツは、「米国による秩序がなくても多国間協議で紛争解決ができることを示すため」(中東・北アフリカ情勢専門誌「ゼーニス」のダニエル・ゲーラッハ編集長)、2019年秋から関係国との調整を進めてきた。情勢を安定させることで内戦による難民が欧州に流入するのを避ける狙いもあるとみられる。

この記事は有料記事です。

残り347文字(全文728文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  2. NHK、大河と朝ドラの収録を一時休止 撮影現場で安全対策限界

  3. 特集ワイド 政府・与野党連絡協議会の次は 国難コロナで大連立機運? 対応専念で一時休戦/森友など覆い隠される

  4. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  5. 例外いろいろ「屋内禁煙」 罰則も効き目は未知数 改正健康増進法全面施行

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです