メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

環境保護優先に不満、独で農民がトラクターデモ 肥料使用制限案に反発

「未来のための農民たち」などのプラカードを掲げて行進するトラクター=ベルリンで2020年1月18日、念佛明奈撮影

 ベルリンで18日、ドイツ全土から集まった約150台のトラクターがデモ行進した。環境問題への関心が高まる中、政府の厳しい環境政策が農業経営を圧迫しているとして農家が抗議の声を上げた。

 「世界的な農民の死を止めろ」などと横断幕を掲げた巨大なトラクターが、ベルリン農相会合を開催中の独外務省前に集合。中小農家の将来のあり方を真剣に検討するようクレックナー独食料・農業相に呼びかけた。

 その後、観光名所のブランデンブルク門など市内を行進した。トラクターによるデモは17日にも行われた。

この記事は有料記事です。

残り262文字(全文501文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相、大規模イベント中止・延期を要請 3月中旬まで2週間

  2. オリックス生命 新宿拠点の700人超を在宅勤務に 協力会社員が新型コロナ感染で

  3. 函館市の高齢者死亡 国内の死者6人目、北海道で初 新型コロナ感染で

  4. 東京オリンピック開催判断「期限は5月下旬」IOC委員 新型コロナ感染拡大で

  5. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです