メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国初 宮崎道SAにコワーキングスペース テレワーク推進に期待

宮崎道上り線山之口SAに設置されたコワーキングスペース

 宮崎大地域資源創成学部と西日本高速道路(NEXCO西日本)九州支社(福岡市)、ワークスペースの開発・運営を手掛ける「九州アイランドワーク」(宮崎市)は20日、宮崎道上り線山之口サービスエリア(SA、都城市)にコワーキングスペースを設置する。さまざまな職業の人が作業スペースを共有しながら仕事をする施設で、高速道路SAへの設置は全国初。

 同SAは一般道からもアクセスできるため、高速道路を使うビジネスマンに加え、周辺住民の利用状況を3者で調査し、高速道路が潜在的に持つ可能性などを探る。

この記事は有料記事です。

残り440文字(全文683文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 金田朋子「娘が笑えば何でもよい」子育て動画が88万再生 ポジティブを"貫く"子育て論

  2. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  3. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  4. ORICON NEWS Kis-My-Ft2&SixTONES『チャリティ・ミュージックソン』メインパーソナリティに就任 ジャニーズ2組は史上初

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 気に入らない生徒を廊下に立たせる先生でよいか 作家・あさのあつこさん

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです