メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国初 宮崎道SAにコワーキングスペース テレワーク推進に期待

宮崎道上り線山之口SAに設置されたコワーキングスペース

 宮崎大地域資源創成学部と西日本高速道路(NEXCO西日本)九州支社(福岡市)、ワークスペースの開発・運営を手掛ける「九州アイランドワーク」(宮崎市)は20日、宮崎道上り線山之口サービスエリア(SA、都城市)にコワーキングスペースを設置する。さまざまな職業の人が作業スペースを共有しながら仕事をする施設で、高速道路SAへの設置は全国初。

 同SAは一般道からもアクセスできるため、高速道路を使うビジネスマンに加え、周辺住民の利用状況を3者で調査し、高速道路が潜在的に持つ可能性などを探る。

この記事は有料記事です。

残り440文字(全文683文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 雪まつりスタッフも感染 北海道5例目、「市中感染」する段階に 新型肺炎

  2. 中江滋樹さん、アパート火災で死亡か 「兜町の風雲児」元投資ジャーナル会長

  3. 橋本五輪相 聖火リレー「体調不良の方は沿道来ないで」 新型肺炎

  4. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  5. WHO「致死率を考慮すると想定内」 クルーズ船2人死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです