メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「次の首相」石破氏が19%で首位 岸田氏3%、小泉氏6% 毎日新聞世論調査

自民党の石破茂元幹事長=東京都千代田区で2019年5月21日、玉城達郎撮影

 毎日新聞が18、19両日実施した全国世論調査で「次の首相」にふさわしい人を聞いたところ、自民党の石破茂元幹事長が19%で首位となり、現職の安倍晋三首相が13%で続いた。自民党内で有力な「ポスト安倍」と目されつつも「発信力不足」を指摘される岸田文雄政調会長は3%で、小泉進次郎環境相を挙げた人は6%だった。最多は「この中にはいない」の24%。

 過去の本社調査では2018年7月に、2カ月後の同年9月に迫った自民党総裁選に向けて「次の総裁」に誰がふさわしいかを聞いた。この時は安倍、石破、小泉の3氏が2割前後を占め、それぞれ22%、19%、19%。岸田氏は2%だった。

この記事は有料記事です。

残り614文字(全文897文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜の会食は「宴会ではない」 首相、野党に反論「意見交換」「いけないことなのか」

  2. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  3. 「強いメッセージ」にこだわった安倍首相、臨時休校要請を強行 側近萩生田氏も押し切る

  4. 拝啓 ベルリンより 私を「コロナ」と呼んだ青年に言いたかったこと

  5. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです