メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「次の首相」石破氏が19%で首位 岸田氏3%、小泉氏6% 毎日新聞世論調査

自民党の石破茂元幹事長=東京都千代田区で2019年5月21日、玉城達郎撮影

 毎日新聞が18、19両日実施した全国世論調査で「次の首相」にふさわしい人を聞いたところ、自民党の石破茂元幹事長が19%で首位となり、現職の安倍晋三首相が13%で続いた。自民党内で有力な「ポスト安倍」と目されつつも「発信力不足」を指摘される岸田文雄政調会長は3%で、小泉進次郎環境相を挙げた人は6%だった。最多は「この中にはいない」の24%。

 過去の本社調査では2018年7月に、2カ月後の同年9月に迫った自民党総裁選に向けて「次の総裁」に誰がふさわしいかを聞いた。この時は安倍、石破、小泉の3氏が2割前後を占め、それぞれ22%、19%、19%。岸田氏は2%だった。

この記事は有料記事です。

残り614文字(全文897文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相、大規模イベント中止・延期を要請 3月中旬まで2週間

  2. 「感染者2校以上確認で全府立学校を14日間休校」大阪府コロナ対策本部会議

  3. 岐阜県で初の感染者1人 新型コロナ

  4. 「支援物資の恩返し」武漢を代表し渋谷でマスク配る かぶり物の中国人女性話題に

  5. オリックス生命 新宿拠点の700人超を在宅勤務に 協力会社員が新型コロナ感染で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです