特集

ゴーン被告逃亡

日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告が2019年にレバノンに逃亡。なぜ逃亡できたのか。今後の裁判の行方は。

特集一覧

森法相が関空PJ専用施設視察 ゴーン被告逃亡ルート「調査中で話せない」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
関西国際空港のプライベートジェット専用施設「玉響」を視察する森雅子法相(手前)=関西国際空港で2020年1月19日午後1時57分、木葉健二撮影
関西国際空港のプライベートジェット専用施設「玉響」を視察する森雅子法相(手前)=関西国際空港で2020年1月19日午後1時57分、木葉健二撮影

 保釈中の日産自動車前会長、カルロス・ゴーン被告がレバノンに逃亡した事件で、森雅子法相は19日、同被告が出国に使用したとみられる関西国際空港のプライベートジェット(PJ)専用施設「プレミアムゲート玉響(たまゆら)」を視察した。

 逃亡事件を受け、森法相は出入国在留管理庁に出国手続きの一層の厳格化を指示…

この記事は有料記事です。

残り184文字(全文334文字)

【ゴーン被告逃亡】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集