メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地震観測網整備でも変わらぬ油断 リスク少ないは「安全さを示さず」

2018年版の地震動予測地図。今後30年間に震度6弱以上の揺れに見舞われる確率が色分けされている=地震調査研究推進本部提供

 日本の地震観測網は世界トップクラスと言われるほど充実している。25年前の阪神大震災で地震の全容把握に時間がかかり、救援の初動が遅れた反省から整備が進んだ。地震研究が発展し、発生予測の精度も上がった。しかし、情報の意味が自治体や住民に正しく伝わっているとは言えないのが現状だ。

 微弱な地震も逃さない観測網「MOWLAS(モウラス)」が2017年11月に運用を始めた。観測点は陸域から海域まで2100地点以上。このうち高感度地震計は地下100~3500メートルの井戸に設置され、人が感じない微弱な地震を捉える。強震観測施設は約20キロ間隔で置かれ、強い地震を正確に記録する。さらに、人工衛星で地殻の動きを知る観測点は全国1300に上る。

 1995年の阪神大震災当時、気象庁や大学などの地震計はあったが、特に関西は観測が手薄だったとされる。MOWLASを運用する防災科学技術研究所の青井真・地震津波火山ネットワークセンター長は「震度分布や震源など地震の全容把握に半日程度もかかった。救援体制の構築など国の第一アクションが迅速ではなかった」と混乱ぶりを振り返る。

この記事は有料記事です。

残り798文字(全文1276文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  2. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  4. 網戸のひもで6歳死亡、YKK APを提訴 「欠陥」首に絡まり 大阪地裁

  5. ORICON NEWS 映画『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』興収15億円突破 週末ランキング6週連続TOP5

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです