メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

乳幼児の歯の難病治療法開発、研究費をクラウドファンディングで募集 大阪大

低ホスファターゼ症の小学1年、井上愛桜さん=大阪府吹田市で2019年12月16日午後2時半、渡辺諒撮影

 丈夫な骨が作れない難病「低ホスファターゼ症」で1~4歳の早期に乳歯が抜ける症状の治療法開発のため、大阪大は20日から、インターネットで寄付を募るクラウドファンディングを利用して研究費を集める。国からの運営費交付金が減るなど研究資金の確保が難しいという。目標は300万円。

 低ホスファターゼ症は遺伝性の病気で、患者によって重症度が異なる。生命に関わる重症患者は10万~15万人に1人とされ、全身の骨をうまく作れない。500~1000人に1人の軽症患者にも乳歯の早期脱落や低身長、骨折しやすいなどの症状が表れる。病気だと気づかないケースも多いという。

 乳歯が脱落すると、食べる、話すなどの動きを身につける上で悪影響が出たり、永久歯の歯並びやかみ合わせが悪くなったりする可能性がある。入れ歯による対症療法が主流だが、歯がないことで心理的な悪影響も懸念される。

この記事は有料記事です。

残り923文字(全文1300文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  2. 金沢市内の男子中学生陽性 感染者の家族 症状なし、学校は休校に 新型肺炎

  3. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  4. クルーズ船下船後に女性が陽性、発熱 初のケース 栃木県発表 新型肺炎

  5. 新型コロナ「花見川区の中学校教諭り患」「安易に校名広げない配慮を」 千葉市長がツイート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです