メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

天満屋・小原、快走で五輪へ意欲 「勝負強さ引き出し楽しめた」 選抜女子駅伝

天満屋の小原怜選手=岡山市北区で2019年10月11日、梅田麻衣子撮影

 実業団、大学、高校のチームが同じコースを走る第31回選抜女子駅伝北九州大会(毎日新聞社など主催、TOTO特別協賛)が19日、北九州市小倉北区の小倉城歴史の道を発着点とする27・4キロ(一般5区間、高校6区間)に計29チームが出場して行われ、一般の部はデンソーが初優勝、高校の部は鹿児島・神村学園が2年連続3回目の優勝を果たした。

 天満屋のアンカー・小原が2年連続となる区間賞の走りで26日の大阪国際女子マラソンへ弾み…

この記事は有料記事です。

残り315文字(全文524文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  2. 麻生財務相 臨時休校中の学童保育負担「つまんないこと」 新型肺炎対策

  3. 名古屋・河村市長「柔軟に考えたらどうか」 一転して卒業式「中止」から実施へ

  4. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  5. 金沢市長、新型肺炎対策での休校「2日からは考えていない」「時間がない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです