メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

まとメシ

浅草で創業90年以上の金太楼鮨がニューアル!美味しい寿司、海鮮料理をご賞味あれ!

情報提供:まとメシ

店に入ると左手にカウンター、右手にゆったりしたテーブル席。気楽に居酒屋使いもできるのがうれしいところだ。

JapaniseDining きんたろう(最寄駅:浅草駅)

吟味されたネタと技術で締めにもパクパク旨し

壁には一面に季節ごとのつまみメニューも数々。「金太楼鮨」は創業90年以上。江戸前の正当技術伝承の指導教育に熱心なことでも知られ、全国すし技術コンクールで受賞の常連。吟味されたネタをリーズナブルに楽しめるのも人気の理由だ。とろけんばかりの大とろや溢れんばかりのうに。酢飯のほどけ具合も心地いい上等な寿司だ。

特上にぎり(とろ巻き、ぼたんエビ、赤貝、はた、大とろ2貫、うに、いくら、穴子、玉子)

3240円 9f439be08a534df786f97f398cfedb9d さっぱりした酢飯がはらりとほどけてネタのよさを生かす。旨みと歯応えの赤貝、甘いぼたんエビ、上等な大とろ。思わずパクパクと手が伸びる

えびきゅうサラダ

853円 1a08996b0c85ee5f5e87527ae54093f1 きゅうりの食感とエビの甘み、香りもいい人気メニュー

巻海老の鬼殻焼、名物ばくだん

745円、961円 991f5e0555b5703e1ffd3dac9e8a48e3 「ばくだん」にはウニ、イクラ、イカ、とびっ子、ひき割り、山芋……と贅沢。クセになる美味しさ。「鬼殻焼」は殻ごとバリバリいけて、香ばしいエビの風味と身の甘さが堪能できる

お店からの一言

c71b7b63577d614b8df8018ed3910c80 スタッフ 倉舘武志さん 「寿司もつまみも気軽に楽しんでください」

JapaniseDining きんたろうの店舗情報

b73b1834721bfd89703986435b32e6f7 [住所]東京都台東区浅草5-35-9 [TEL]03-3872-7612 [営業時間]11時半~23時(22時半LO)※ランチタイム有 [休日]不定休 [席]カウンターあり、50席/喫煙可/予約可/カード可/お通し代200円別 [交通アクセス]つくばエクスプレス浅草駅A出口から徒歩15分、地下鉄銀座線浅草駅6番出口から徒歩18分

電話番号 03-3872-7612
撮影/鵜澤昭彦 取材/池田一郎 2018年11月号発売時点の情報です。

関連記事

寿司 髙はし(寿司/駒込)のグルメ記事と写真

すし 松玄(寿司/恵比寿)のグルメ記事と写真。

すし晴海(寿司/銀座)|赤酢と白酢の2種のシャリを使い分ける

鮨處 やまだ(寿司/銀座)|旨みが変化した熟成ネタの奥深さに唸る

寿司孝|秘伝のヅケから大トロの希少部位まで食べ比べ(寿司/門前仲町)


情報提供:まとメシ

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中江滋樹さん、アパート火災で死亡か 「兜町の風雲児」元投資ジャーナル会長

  2. 立憲・辻元氏に脅迫文「殺してやる」 党本部に届く 警視庁に被害届

  3. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  4. ORICON NEWS 『翔んで埼玉』監督が暴露「冗談で企画出したら通った」

  5. 答弁訂正は「言葉が不正確」、クルーズ船対応は「一生懸命やった」 菅官房長官会見詳報

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです